さぽろぐ

  アウトドアー  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年04月10日

広島のつり

広島の釣りと、言っても釣れる釣れないは別にしてポイントはいっぱいある。
ちなみに遥か昔、メバルにはまって釣行した甲島のこと。
夕方、瀬渡し船で渡り夜中の0時くらいまで釣るのだが、
初めて渡った時はどんなメバルが釣れるか
ワクワクしたもんでした。
ケミ蛍を付けて思いっきり沖に投げてジッと待つ。
これが最高の時なんですよね。
”入るかな”入るかな”と、待つこと一時、浮き下2.5mくらいでスルスルと!
やった!おりゃ~!竿を立てる。

この感触が最高!瀬や藻に入られない様に少し強引にリールを巻く。
確か20cmあるかくらいのメバルでした。
口に青虫をくわえた?状態で対面。
ちなみに浮きは釣研の電池を2本入れて点灯させる浮きなんですが、
今でも売ってるんでしょうか?私はこの浮きが大好きなんですよね。
棒浮き(バットみたいなもの)これも大好き。ケミを差し込むタイプ。
私はこの浮きに関しては近距離、固定での使い方が多いですね。

甲島ではほとんど使えませんが・・・・・
だいぶ話がそれてしまいましたが、この後の釣果は10匹くらいでした。
浮き下も何度か投げていると
”あそこに瀬がある”ここを通せば藻に掛かるなど分かってくるので、(暗くても分かるんよ)
浮き下も小まめに調整。平均で2m~3mかな。ちなみに針はチヌ4号。
口のデカイメバルには少し小さいが、
私はいつもチヌの1~4号しか持ってないです。
いろいろあると大変なので・・・・

甲島もそれから3度くらい行きましたが、阿多田島(瀬渡しで)も10回以上は行きました。
広島はチヌも良く釣れるんで、半夜なんかでもメバルより釣れる事もありましたね。
またまた話が逸れますが、乗っこみのチヌはすごいと思う。

白石灯台に行った時は”疲れた”。
入れ食いになって、手首、いや、体全体が痛かった思い出があります。
まあ、腕が悪いから変な所が
痛くなったんでしょうけど。
話せばホンマに長くなってしまいますので、今回はこの辺で。
いろいろ有り過ぎて話が飛んでしまいましたが、
次回も広島や山口や島根(少しだけの情報ですが)体験記など書いていきます。  


Posted by yas at 03:33Comments(0)
レンサ